本文へスキップ
スポ」と呼んでください 
朝スポハイキング開催履歴        
2017年 紅葉の香落渓と赤目四十八滝散策
 2017年11月26日(日)、本年度は三重県・名張市「紅葉の香落渓と赤目四十八滝散策」です。 本年は気候に恵まれ全員無事に完歩しました。 参加者43名(役員5名含む)

2016年 紅葉と琵琶湖八景の山「古戦場賤ヶ岳」を登る!
 2016年11月27日(日) 朝スポ恒例の朝スポハイキングを開催しました。
本年度は滋賀県長浜市「紅葉と琵琶 湖八景の山『古戦場賤ケ岳』を登 る!」です。 本年はあいにく、雨中のハイキ ングなってしまいましたが、全 員無事に完歩しました。 恒例の朝スポハイキングも今 年で12回目。8割の方が2回以 上のリピーターで、第1回から欠かさず楽しみに参加さ れている方も見えます。

2015年 「石積みの門前町坂本散策と紅葉の比叡山を登る!」
 2015年11月29日(日) 朝スポ恒例の朝スポハイキングを開催しました。
 本年度は滋賀県大津市 「石積みの門前町坂本散策と紅葉の比叡山を登る!」です。
 本年は暖かい日が続き、全国的に紅葉が悪い年らしいく紅葉は期待外れでしたが、ハイキングには絶好の日和になりました。
 恒例の朝スポハイキングも今年で11回目。8割の方が2回以上のリピーターで、第1回から欠かさず楽しみに参加されている方も見えます。

2014年 紅葉と世界遺産「春日山原始林」を歩く!
 2014年11月29日(土) 朝スポ恒例の朝スポハイキングを開催しました。
本年度は奈良県春日山の原始林を歩くコースです。あいにく小雨が降る天候でしたが大自然の春日山原始林に感動!!また春日大社、水谷神社の真っ赤に染まった紅葉に感動しました。
 水谷神社横で朝スポハイキングの参加者集合写真「僕も入れてよ」と野生のシカが飛び入り参加してくれました。

2013年「紅葉と日本最古の山の辺の道を歩く!」 ページトップ 
 2013年11月30日本年で9回目となる恒例の朝スポハイキングを開催。「紅葉と日本最古の山の辺の道を歩く!」と題して、秋空のもと出かけてきました。
 朝スポハイキングで、一番遅い遅い開催に天候はもちろん寒さも心配していましたが、ハイキング日和の一日になりました。
 また今回の歩行は10.8キロと過去最高。途中脱落者を心配していましたが、見事全員完歩しました。 


2012年「ひだ清見・大倉百滝とせせらぎ街道のもみじを満喫しよう!」 ページトップ 
 2012年11月10日本年8回目となる恒例の朝スポハイキングを開催。秋空のもと出かけてきました。
 今回の朝スポハイキングは受付2週間で定員〆切になり、「せせらぎ街道の紅葉」が有名であったか。せせらぎ街道のパッチワークしたもみじの街道を楽しみながら抜け、いざハイキングの目的「大倉百滝」めぐり。さまざまの滝をめぐり最後が「大倉滝」落差30mは圧巻。滝を見ながら昼食です。 

2011年 「大矢田もみじ谷とうだつの上がる町並み散策  ページトップ
 2011年11月26日(土)に開催した、2011年の朝スポハイキングは「大矢田もみじ谷とうだつの上がる町並み」と題して、岐阜県美濃市に行ってきました。
 今年の企画は散策を中心とした企画です。秋空の快晴のもと、鈴鹿の山はもちろん南アルプスの山々が白雪に覆われている姿がくっきり見え、往路からわくわく感が増して行きました。
 紅葉の方は、「天候不順の影響で今年は紅葉せず散ってしまうのは残念」と駐車場を整理する地元の方が言っていました。
 2011年朝スポハイキング コース
 大矢田もみじ谷散策 → 美濃市「うだつの上がる町並み」散策 → 川島オアシスパーク散策(各務原のキムチまつり開催中) キムチ鍋奉行の八名信夫さんも当日イベントに参加。

2010年 「天下統一の拠点・金華山ハイキング」  ページトップ
 2010年11月6日(土)第6回朝スポハイキング「天下統一の拠点・金華山ハイキング」と題して琴塚白山神社〜金華山の縦走ハイキングを役員を含め30名で開催しました。 
 下のスナップ写真でもわかるように、澄みわたる空の青さをこんなにも感動した朝スポハイキングははじめてです。
 実は今回のハイキングの下見は2009年5月30日に実施し、本来なら今年の6月頃の開催を考えていました。しかし、皆さんも御存じのとおり、猛暑の影響で天候不順で開催を少し戸惑っていました。秋に開催しようとのことで、急きょ山口事務局長が一人で、先週下見を実施しました。(御苦労さまです)
 

 2009年 「紅葉のじゅうたんと御在所岳登山」   ページトップ
 2009年10月24日(土)第5回朝スポハイキング「紅葉のじゅうたんと御在所岳登山」と題して今回は紅葉の季節真っ最中の三重県御在所岳に行ってきました。
 御在所山に登るルートは、主に表道、中道、裏道、新道の4つがある。中道は中級コース、それ以外は初級コースなっています、景色を見ながら登るのには中道、裏道が最高で、昨年裏道コースを下見しようとしたところ、数日前に集中豪雨で岩が崩れ落ち、中道を下見しました。しかし、中道コースは途中危険な個所が数か所あり、3週間前に表道を再下見してきました。(裏道コースは現在も修復工事が続いてます)
 今回、中道コースから表道コースに変更しましたが、やはり、景色にこだわるなら、中道コースをお薦めします。(体力に自信のある方)
 

2008年 「岩古山トレッキングとホタルウォチング」  ページトップ
 雨が降れば楽しみにしていた「ホタルウォチング」ができない。日差しが強ければトレッキングは困難になる。どちらともいえない6月の気候です。
 でも参加者の常日頃の気持ちが通じたのか、今年の朝スポハイキングは絶好のハイキング日和になりました。
 急な岩登りでは鉄鎖を持ちながら、大変と思いながら登った方も多くいると思います。それもそのはず、当コースは東海自然歩道でCランクに指定されるハイキングコース。今後各種団体が実施するいかなる条件にも「お墨付き」を貰ったものです。しかし頂上での皆さんの写真は満足した笑顔が光っていました。
 デーキャンプでは、ちょっとおすすめの「ホットドックつくり」、楽しいミニレクレーション「1」「2」「3−」「4」「5」「6−」・・・。 
 

 2007年 広重の見た富士山と桜エビの由比を訪ねて ページトップ

  朝スポ第3回目となる、恒例の朝スポハイキングは、〔広重の見た富士山と桜エビの由比を訪ねて〕と名打ち、11月3日(土)に開催いました。
  当日は、JA野田を出発する頃は曇り空で、「富士山見えるかな」と誰もが心配でした。しかし、さった峠を下り始める頃には富士山を取り巻いていた雲が消えて見事な霊峰富士が現れました。これで、今回の朝スポハイキングの第1目的が達成。(来年の年賀状はこれで決まり?)
  第2目的は、桜えび漁が解禁したばかりの「生の桜えび」を舌鼓。楽しい朝スポハイキングになりました。

   

 2006年「車山高原」で自然を満喫しました! ページトップ

 今年は、梅雨明けが1週間ほど遅く、全国的にもかつてない、大雨災害に見舞われている中、開催地の車山周辺地域も大雨災害。
 金曜日まで、中央道の一部が閉鎖や、車山のビーナスラインの閉鎖等、予想しなかった事態に、当日まで開催そのものが危ぶまれていた。
 参加者の誰もが、中止の連絡を待っていたんではないだろうか?その期待?に反して、当日は梅雨の中休みとなり、土曜日に晴れたこともあり、ハイキングに適した状態になりました。霧が覆っていたとはいえ、快適にハイキングを満喫。参加者の普段の行いのよさか!?
 また、当日はマイカー客がすく、行き帰りの交通渋滞もなく(金曜日までの大雨の事を考えて行楽を控えた?)快適な2006年朝スポハイキングになりました。

   

  2005年 「東海のミニ尾瀬」<葦毛湿原>と東海道・二川宿本陣散策 ページトップ

 2005年7月31日 第1回 朝スポハイキングを開催。当日は、天気予報が外れて快晴。今週初めの台風の影響で、多くの水を含んだ
 湿原は、スタッフが下見に来た5月より、涼しく感じた。(参加者の日頃の行いが良いから?)
 「初めての朝スポハイキングで何とか大成功して、毎年続けて行きたい」「まずは近場で開催」と選んだ今回の【特別企画】。参加者の方からも好評でした。

   
ハイキングの詳細が見れます ↓クリック

2017年
2016年 
2015年
2014年 
2013年
2012年
  2011年 
  2010年
  2009年 
  2008年
  2007年 
  2006年 
  2005年 
 
ページトップ